会社情報について


法人名 一般社団法人日本研ぎ文化振興協会
活動内容
  1. 刃物製造者、砥石製造者、研ぎ師、料理人、大工などが連携して「研ぎ文化」を伝承、発信するための情報交換、共有を行う。
  2. 「研ぎ文化」を国内でも広く知らしめ、材料や料理人の腕だけでなく、料理の味を最大限に引き出すには、優れた包丁、天然砥石、研ぎ技術が不可欠であるということを料理界にも普及していく。(料理店、料理学校)
  3. 包丁の切れによって味に与える影響を、科学的に実証する研究、勉強会の開催。
  4. 政府、行政機関に「研ぎ文化」の存在をアピールし、国内での普及、海外に向けた「研ぎ文化」の輸出に向けた認知を得ることで、地場産業、地域経済の活性化につなげる。
  5. 日本古来の「研ぎ文化」を海外に発信し、刃物、天然砥石、研ぎ技術、そしてそれに携わる人材を海外に輸出する。将来的に海外でのイベント開催、研ぎ文化の発信スポット開設など具体例)クールジャパン 日本食の「伝道師」育成プロジェクト日本食の世界無形文化遺産登録など
  6. 「研ぎ」マイスター制度の確立と育成。
  7. 広く研ぎ文化を周知するためのイベントの開催。
  8. 世界に誇る天然砥石の産地である亀岡を中心に、「研ぎの村」を設立し、研ぎの歴史、打ち刃物、砥石の展示する。現在、刃物や研ぎにかかわっている方々の経済的発展につながるような活動する。料理界ともコラボし、地域経済の発展、雇用などにも寄与する。
事務局 〒621-0826 
京都府亀岡市篠町篠見晴1-7
電話番号 0771-25-5602
法人設立 2013年8月6日
役員 理事 土橋要造(代表理事 天然砥石の砥取家)
理事 中村篤人(亀岡市 株式会社タス)
理事 木戸邦考(亀岡市 株式会社宮本屋)
理事 藤原将志(松坂市 月山義刃物店)
理事 布谷浩二(大阪市 北新地ぬのや)
監事 中村正孝(亀岡市 京都府議会議員)
理事予定 日野浦司(三条市 日野浦司刃物工房)
理事予定 小西哲夫(大阪市 ボンドケミカル株式会社代表取締役)
理事予定 井本伸廣(京都市 京都教育大学名誉教授)
理事予定 田中清人(篠山市 楽器・ギター製造)